カテゴリ: 写真01

ヤフーブログの容量制限が心配でした。そのために予備で開設したのが此方でした。β版に不安が有りますが上限が増やされ容量は大丈夫そうです。休眠中でしたが、既に予約で2週間分が一杯です。そこでこちらでアップすることにしました。
イメージ 1
折角、1月半ばに咲いた梅。探梅と言うのですが花が少なく貴重です。寒さの中で花を咲かせてくれる梅は、見る人に希望を与えてくれるそうです。でも見付けるだけで大変です。
イメージ 2
しかも今日は曇り。花の咲く枝先までは遠く600ミリ相当のズーミング一杯です。これは全て手持ちで、背景-3。対象を+0.3補正して居ます。
イメージ 3
オートの撮影では無理で、MモードでISO感度も100~400の可変。上3枚は八重の早咲き。下の1枚は一重で大変珍しいでしょう。
イメージ 4
後1週間経つと至る所で梅便りが届きます。今日見て頂くことに価値が有ります。梅も桜も花自体は遅咲き程良い花を咲かせます。早咲きは、何と言っても最初に見られることです。

前回の続きです。記録用の1コマと全容を1コマ。21テーマ中の4コマの厳選画像をお届けします。横長に成って居ますのは原版が大画像でファイルが大きいためです。此処では560×315ピクセルにしています。
 
花4は「かぐや姫」
竹を切った跡にかぐや姫の可愛らしい絵が描かれていました。
イメージ 1
 
花5は「5月の空が恋しくて」
平面的に上から下を撮るのは易しいですが、逆は難しいです。
※案内札の写り込みはお許し下さい。鯉のぼりが無いと題意にそぐわずどうしてもフレーミングし切れませんでした。
イメージ 2
 
花6は「フラワーケーキ」
春らしい色合いと上に向っての伸びやかな構成が素晴らしいです。
イメージ 3
 
花7は「春の訪れ」
このヤンチャそうな男の子がとても可愛く印象に残りました。
イメージ 4
断片的に一部のテーマだけを切り取りますと楽ですが、全部を中立的に載せるのは大変です。横浜に来られない多くの方々のために一生懸命撮りました。あと花8~21まで有ります。

 
イメージ 1
昨日は雲って居て予報は雪でした。そう言う日に見えると特別綺麗に撮れます。一夜明けて今日撮れますが価値は数段劣ります。勿論、狙えますがこのようには撮れないでしょう。
イメージ 2
刻一刻と雲や空の色が変化し、一期一会の出会いです。100km近く離れた遠い富士山ですがとても綺麗です。大山を抱え込み綺麗に重なって居るのが横浜富士の特徴です。
イメージ 3
昨日は月が見えませんでした、此れは一昨日の物です。月齢12.7ですから左部分が影に成って居ます。コンデジで1200mm目一杯の撮影ですが、人類が行った場所が分りますか?
イメージ 4
前に苦労して作りましたのが此れです。今日は月齢14.7ですから綺麗に見えれば分ります。来て頂けた方にだけそっとお教えしましょう!

イメージ 1
横浜の野毛山には、世界的に珍しい無料の動物園があります。最近は、その貴重さや運営の努力が認められ入場者も増加しています。レッサーパンダが近くで見られることでも有名です。
イメージ 2
近くに野毛山公園がありますが、此処が日本のバラ発祥の原点です。昭和6年のことで、山下公園・横浜児童遊園地にも苗が植えられました。
イメージ 3
大規模なバラ園は3つでしたが、門外不出の苗を各家庭に普及させたのは此処にありました苗畑です。現在、当時のものとは違いますが復活させています。
イメージ 4
12月半ばだと言うのにまだ綺麗に花を咲かせていました。バラファンは多いですが、横浜の野毛山公園が全ての始まりと知って下さい。

イメージ 1
不思議な空間ですが、白い棒が十字に成って居るように見えます。赤の四角の通り方が信じられません。
イメージ 2
種を明かすと如何と言うことが有りませんが、人の視覚とは当てにならないものです。
全く関係が無いですが、日本文に「!」や「?」を付けたのは有名な詩人です。
→働けど働けど我が暮らし楽にならざり、○○○と手を見る
完全な天才で○部分が本当に素晴らしいですね!

↑このページのトップヘ